2013年12月15日

2014年大分開講の色彩心理基礎講座

大分の皆様からお問合せが増えている新しい色彩心理講座について♪



「新しい」とも表記していますが、実はここ九州ではイルドクルールの松元昌子が、10数年来お伝えしてきたアンコンシャスカラーセラピーのことです。

これまでは、「36無意識調査パレット」を使う色彩心理の実践として、ここ大分でも多くのカラーセラピストが受講された講座です。

その講座を、さらにブラッシュアップさせ、アンコンシャスカラーセラピーとして、ここ大分で開講するものです。

先般もお伝えしましたが、講師は色彩心理の実績を持つ講師に限定。
色彩心理の現場はマニュアルやテキスト依存と言ったものではとうていカバー出来ない、とても複雑かつ深い、しかも個に対応したものでなければならないと考えるからです。

当然、「1+1=2」と言った、画一的なカラーセラピーや、システマティックなカラーセラピーとは全く別のものとご解釈ください。

ただ今日程調整中ですが、すでにご予約もいただいており、講師陣一同実に身の引き締まる思いです。


▼来年開講予定の大分の新たな色彩心理講座についてふれています
http://oitacolorcafe.yoka-yoka.jp/e1087476.html


イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。



★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/
  


Posted by kazuworks at 14:57Comments(0)色彩心理大分

2013年12月11日

大分の新たな色彩心理講座は

▼来年開講予定の大分の新たな色彩心理講座は…
http://oitacolorcafe.yoka-yoka.jp/e1087476.html



いずれも大分内外で色彩心理カラーセラピーを10年以上の関わりと経験をもつ、色彩心理の講師が担当します。

色彩心理やカラーセラピーも何でもそうですが、最近は資格を取ってすぐに講師になって起業…というケースも耳にします。
しかし、色彩心理はもとより大切な人の心を扱うとてもデリケートな専門分野。
ましてや机上論では、さすがにセッションやセラピーを受ける方も心もとない事でしょう。

世間でよく言う「とって出し」とも言える、急造の講師には、その本質は伝えらることはできません。

このブログで、2014年の色彩心理の実践講座の詳細のご案内はいたします。
お急ぎの方は、ぜひ下記までお問合せ下さい。


イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。



★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/
  


Posted by kazuworks at 19:11Comments(0)色彩心理大分

2013年12月08日

大分での色彩心理を伝える私たちの考え方

大分での色彩心理を伝える私たちの考え方



色彩心理やカラーセラピーは、大分でも日本全国でも色々な伝え方や使い方がなされています。

しかし、近年は利潤目的とも思われる、安易な資格制度の乱発(短期間の講習や座学、通信教育など)や、特定のカラーセラピーの器具を買わせるもの、他に資格の登録制を用い会費を本部に吸い上げて行くもの、また、ほとんど占いと区別がつかないものなど、実に乱立状態です。

私たち、イルドクルールで色彩心理の研究と実践を重ねるグループでは、あえてそう言った利潤目的の色彩心理やカラーセラピーの伝え方とは一線を画して行く方針です。

私たちイルドクルールが考える色彩心理の究極の活用目的は、人の暮らしに役に立つ事です。
何か物品を販売したり、安易な資格をばらまいたりは全く必要の無い事です。

ここ大分でも、NPO色ヒトこころの運営会員として会員が大分県内の教育の現場や福祉の現場に手弁当で赴いて、日々何か人々の生活の中の潤滑油として役に立つ事が無いか模索しています。

また、大分県外でも福岡や鹿児島と、NPOとしての地域に皆様へのノウハウの還元は積極的に行われています。

今日は、鹿児島のホスピスにカラーセラピーのワークショップで通う、甲斐綾子さんのブログを付記します。こちらのホスピスには、カラーセラピスト松元昌子と甲斐綾子(いずれもNPO色ヒトこころ)が数年来おじゃまさせていただく鹿児島市内のホスピス。ここ数年は鹿児島の甲斐綾子さんが定期的に訪れ、色彩心理を使った心をときほぐすカラーセラピーやアートセラピーに取り組んでいます。

↓甲斐綾子さんのブログ
http://ayacolor.chesuto.jp/e1080685.html

★大分で井坂勝美先生の色彩心理/アンコンシャスカラーを学ぶ講座が開講します。
http://oitacolorcafe.yoka-yoka.jp/e1087476.html



イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。



★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/
  


Posted by kazuworks at 13:13Comments(0)色彩心理大分

2013年12月06日

色彩心理を伝えるために必要な事@大分

大分で臨床データに基づいた色彩心理を身近に学べます



大分で膨大な臨床データに基づいた色彩心理を学ぶ専門講座が始まります。
いかんせん、色彩心理はとても専門性も深く、いわゆる「とって出し」のような、急造のカリキュラムやスクールではなかなか理解も難しく、同様に活用も多くは望めません。

イルドクルールでは、井坂勝美先生や、赤司 直先生の色彩心理のデータベースに基づく色彩心理を学び実践して来たキャリアあるカラーセラピーの現場の人材が大分で新年にレクチャーを予定致しております。

どうぞ詳しくは最寄りのイルドクルール、または福岡のイルドクルールにお問い合わせ下さい。



イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。



★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/

  


Posted by kazuworks at 23:34Comments(0)色彩心理大分

2013年12月05日

大分でカラー/色彩の専門職を目指す方へ

大分でも色々なカラー/色彩の勉強ができます



近年は、カラーの学び方も実にバリエーションが豊富で、実に初歩的なカラーの学びから、専門性の高いカラーの学び、つまりカラーのプロ養成スクールまでと実に多岐にわたります。

ただし、俗に言う「安近短」の短期間で低料金で学べるカラーの学びは、おおむね初歩的なもの。カラーを仕事にする希望をお持ちの方には、やはり専門性の高いプロフェッショナル養成講座は必須です。
カラーの仕事はカラーデザインであれ、パーソナルカラーであれ、色彩心理であれ、カラーコーディネイトであれそれは同じ事情です。

半日程度の講習で「カラーのプロになれる」とうたうカラーの講習や講座もありますが、実際にヒアリングしてみると、やはり半日や短期間で学べる事と身につけられるノウハウや技術には限界が在ると言う事でしょう。

ぜひ、大分でカラーのプロを目指す方には、火中の栗を拾う覚悟で、本格的な専門性の高いカラーの講座をお探しいただく事をおすすめします。



イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。



★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/


  


Posted by kazuworks at 14:13Comments(0)カラー大分

2013年12月04日

カラー講師と著作権の関係@大分

イルドクルールでは、カラー講座の生徒さんに厳しく指導させていただく事ですが、一般的なカラー講師には意外なほど著作権やソフトの観念があまりありません。

特にカラーリストやカラーセラピストの生命線はソフトです。
そのソフトを簡単にコピーしたりすることは、あまりにも安易で、法律以前にモラルの問題です。

例えば、学校やカラーのスクールで、色彩の検定の問題集を平気でカラーコピーして教材として生徒に配布するのを大分で目にして来ました。
また、当方のオリジナル著作物も結構コピーして使われているのも目にして来ました。

大分で、イルドクルールが特許庁/実用新案を取得した、パーソナルカラー診断専用照明・アシストライトも模倣されることは想定しています。

ただ、もう時代的に
「知らなかった」
…は通用しない時代。

イルドクルールは、まずカラーの専門家である以前に、常識人としての人材育成を考えています。  


Posted by kazuworks at 23:25Comments(0)カラー大分

2013年12月04日

大分パーソナルカラーブラッシュアップ講座

イルドクルールでパーソナルカラーリスト養成講座を修了なさっておられるカラーリストは多いものです。



ただし、独立起業してしまいますと、情報的には孤立無援になるのが世の常。
しかし、イルドクルールは、そういった独立なさってカラーの仕事にいそしんでおられる方々に定期的にブラッシュアップ講座を実施しています。
※画像は現役のパーソナルカラーリスト養成講座受講生/楢原さんです。

最新の情報とい技術を共有し、より大分の皆様に喜んでいただけるカラーのサービスを提供しましょう。


★大分でカラー診断をお考えなら、大分でカラーリスト、色彩心理の専門家をお探しなら、
イルドクルールにお問合せ下さい。

日本国内だけでなく、その信頼度の高さと誠心誠意のカラー診断、普遍的な色彩心理の実践は、海外からもアクセスが相次ぐカラーリストの集団、イルドクルールです。

↓パーソナルカラー診断専用「標準光アシストライト」について詳しく記述しています。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html
※パーソナルカラー診断専用標準光セット/アシストライトは特許庁実用新案登録済みです。
九州ではイルドクルールとイルドクルールでカラーを専門的に修めたカラーリストのみ供給しています。

イルドクルール大分
http://oitacolor.web.fc2.com/

  


Posted by kazuworks at 14:31Comments(0)パーソナルカラー大分